主婦,サラリーマン必見!在宅で出来るネット物販副業2020保存版

サラリーマン,主婦も隙間時間で出来る!在宅でPC1台で完結するネット物販副業
成田光
PC1台あればどこでも出来るネット物販についてまとめました!
知っているようで意外と実践した事がない方が大半なので、するだけで差がつきます。

電脳せどり

せどりは掘り出し物を第三者に販売して利ざやを稼ぐビジネスです。

通常のせどりでは、ブックオフやリサイクルショップなどの実店舗で商品の仕入れを行います。

一方で仕入れをインターネット上のオンラインショップなどで行うのが電脳せどりです。

成田光
代表的な6種類の電脳せどりをそれぞれ解説していきます。

Amazon輸入

Amazon輸入とは
Amazon輸入とは?

Amazon輸入は海外のAmazonを利用して商品を仕入れ、日本で販売する電脳せどりです。

どの国のAmazonを利用するかは人によりますが、アメリカのAmazon.comで仕入れを行い日本のAmazon.co.jpで販売するケースが多いです。

Amazon輸入のメリット

Amazon輸入による電脳せどりにはいくつかのメリットがあります。

Amazonに馴染みがある

意外と無視できないメリットが、多くの人がAmazonに馴染みがあることです。

利用したことがないプラットフォームでビジネスを行うのは「なんか難しそう」と感じがちですが、Amazonなら利用経験がある方が多いため、気軽にはじめられます。

副業をはじめたいけど、調べているうちに難しそうに感じてやめてしまうという方は少なくありません。

成田光
はじめる際の心理的ハードルが低いのは、実は結構重要なポイントです。
ツールが充実している

Amazon輸入を行う人はかなり多いです。

そのためAmazon輸入を行う人向けのツールが充実しており、手間を省くことができます。

また商品検索ツールを利用すれば、売上を大きくできますよ!

やり方がわかりやすい

自分自身でビジネスをはじめるのは、副業とはいえ難しいです。

しかしAmazon輸入は実践者が多いため書籍やインターネットで簡単に方法論を調べられます。

その方法論に忠実にビジネスを行なっていけば、利益を見込めるでしょう。

Amazon輸入のデメリット

Amazon輸入のデメリットは競争が激しいことです。

Amazon輸入は気軽にはじめやすい分、実践者が多いため競争が激しい傾向があります。

さらに多くの人が類似のツールを使用して商品の検索などを行なっているため、似たような商品を販売することになり、利益の奪い合いになってしまうことも多いです。

成田光
副業として月に数万円程度を目指すのであれば、Amazon輸入でも十分だと思います。

Amazon輸出

Amazon輸出とは?
Amazon輸出とは?

Amazon輸出では日本のAmazon.co.jpで仕入れた商品を海外のAmazon.comで販売します。

なおAmazon輸入同様にアメリカのAmazon.comで販売する方が多いです。

Amazon輸出のメリット

Amazon輸出の最大のメリットは競合が少ないこと。

Amazon輸入は英語を話せない方でも、簡単にはじめられます。あくまで客は日本人だからです。

一方でAmazon輸出の客は外国人になります。

そのため商品ページは英語で作成しなければならなくなる可能性があるほか、顧客対応も全て英語で行わなければなりません。

これは英語が苦手な日本人にとって大きなハードルですよね。

そのため英語ができる日本人にとって競争相手が少ないためチャンスとなります。

なお日本のAmazonで商品を購入し、アメリカのAmazonで商品を販売しているアメリカ人の出品者もいるかもしれません。

しかし英語に比べればマイナーな言語のため、数は少ないです。

Amazon輸出のデメリット

Amazon輸出のデメリットは一定以上の英語のスキルが必要になることです。

すでにAmazon.comで販売されている商品をより安い値段で販売するのであれば、商品ページを作成する必要はありません。

また商品の発送後に送るサンクスメールもテンプレートを作成すれば、英語のスキルが低くても、問題ありません。

しかし客からの問い合わせの際などには、英語で対応する必要があります。

そのため一定水準の英語力が必要になります。

eBay輸入

ebay輸入とは
ebay輸入とは?

eBayはアメリカのオンラインオークションサイトです。

eBay輸入はeBayで海外から商品を仕入れて、日本のAmazonやヤフオクなどのプラットフォームで販売することを指します。

なおAmazonとeBayの違いがわからないという方もいるかもしれませんが、大きな違いがあります。

AmazonはBtoCが中心である一方で、eBayはCtoCが中心であることです。

つまりAmazonは法人(企業)が顧客に商品を販売するのがメインですが、eBayは個人が個人に販売数するのがメインになっています。

またeBayはオークションサイトのため、メルカリやヤフオク、ラクマに似ていると感じた人もいるかもしれません。

しかしeBayはオークションだけでなく、固定価格で販売できるのが異なります。

eBay輸入のメリット

eBay輸入のメリットは競合が少ないことです。

以前はeBay輸入を行う人も多かったようですが、eBayよりも手軽にはじめられるAmazon輸入を行う人が増えており、eBay輸入を行う人は少ないです。

競合が少ないため、過度な価格競争を避けながら、利益を得られます。

また後述のメルカリなどの国内のオークションサイトを利用したせどりに対しても、国内外の価格差を利用して大きな利益を得られるというeBay輸入のメリットがあります。

eBay輸入のデメリット

海外の出品者が多く、出品者が個人のため日本で需要のある商品が必ずしもeBayで出品されているとは限りません。

またオークションという性質上、購入可能な商品数が限られています。

売れる商品を見つけられても、同じ商品で何度も利益をあげるのは難しいです。

常に売れる商品をリサーチしていく必要があります。

eBay輸出

ebay輸出とは?
ebay輸出とは?

eBay輸出は日本の通販サイトやインターネットオークションサイトで商品を仕入れて、eBayで商品を販売する電脳せどりです。

検索で『Japan』と入れて日本人ライバルセラーが売っているものを芋づる式でリサーチする方法が一般的ですね。

外国人を相手に商品を販売するため、競合が少ない代わりに英語のスキルが必要になるのはAmazon輸出と同じですが、他にもメリット・デメリットがあります。

eBay輸出のメリット

eBay輸出のメリットは国内のeBayジャパンは「日本企業の越境EC進出をサポートする」というサポート事業にシフトしており、充実したサポートを受けられることです。

また日本のセラーは最初から信頼を得やすいため、商品が売れやすい傾向があります。

CtoCマーケットではユーザーのレビューや星がない出品者から商品を購入することに不安を持つ方が少なくありません。

偽物商品だったり、販売価格が不適切だったりする可能性があるからです。

しかし日本人のセラーであれば、商品タイトルや説明文、画像などを適切に準備しておけば、需要がある商品なら簡単に売れるでしょう。

日本の国際的な信頼性を自分の利益につなげることができます。

また国内で商品を仕入れ海外で販売するため、価格差のある商品を見つけやすいです。

そのため利益の得られる商品を月に数個販売するだけでも副業としては十分な利益を得られるケースもあります。

eBay輸出のデメリット

eBay輸出には3つのデメリットがあります。

少し複雑

eBayは数ドルの文房具から数万ドルの中古ヴィンテージカーまで様々な商品を販売しています。

そして料金設定は商品のジャンルやアカウントの契約形態に応じて細かく分かれており複雑です。また販売禁止品があることにも注意しましょう。

売れ筋商品をつかみにくい

国内オークションサイトを利用したせどりにもいえることですが、オークションサイトで需要ある商品と一般的なECサイトで需要のある商品は必ずしも同じではありません。

そのため需要を見極めるのが難しいです。

商品を販売する相手が外国人であれば、より難しいでしょう。

大量出品できない

Amazonでは最初から大量出品が可能です。

一方でeBayは10品500ドルの出品枠からスタートし、販売実績を作りつつ、出品枠を広げなければなりません。

最初から大量出品して稼ぎたいという方はAmazonを利用することをおすすめします。

ヨーロッパ輸入

ヨーロッパ輸入とは?
ヨーロッパ輸入とは?

ヨーロッパ輸入はヨーロッパで売られている商品を、大ロットで卸売価格で購入、日本に輸入して販売するビジネスです。

大ロットの商品を購入しなければならず、開業資金が必要になりますが、大きな利益が期待できます。

売れる商品を見つけられれば、安定的に利益を得られるでしょう。

イギリスやドイツ、フランスなどのヨーロッパAmazonから仕入れる方法もあります。

ヨーロッパ輸入のメリット

ヨーロッパ輸入のメリットは利益率が高いことです。

ここまで紹介してきた電脳せどりはどれも少資金で大きな参入障壁なくはじめられるため、競合が多いです。

国内外の価格差の大きい稼げる商品を見つけても、すぐに他の出品者も販売をはじめてしまいます。

その結果、価格競争になり誰も十分な利益を得られないという状況になることも少なくありません。

一方でメーカーなどから商品を卸して、ヨーロッパ輸入を行おうという人は少ないです。

さらに商品販売に利用するプラットフォーム次第では、「その商品が儲かること」を悟られずに、利益を得られます。

そのため同じ商品の販売者が増えて、価格競争になることが少なく、一定の販売価格で商品を販売し続けることが可能です。

さらに卸売価格で購入しているため、大きな利益が期待できます。

ヨーロッパ輸入のデメリット

ヨーロッパ輸入のデメリットは2つあります。

 ●開業資金が必要になる

ヨーロッパの企業から直接商品を卸してもらうためには、一定以上の商品を購入する必要があります。

他の電脳せどりに比べて必要になる開業資金が大きいでしょう。

●一定の英語スキルが必要

ヨーロッパ輸入を行うのであれば、ヨーロッパの企業と自分自身で取引をしなければなりません。

相手企業と交渉するだけの英語力が必要です。

ただし基本的には交渉はGoogle翻訳などを利用しやすいメールで済ませ、電話やビデオ通話での連絡が必要な時だけ、同時通訳を外注する方法もあります。

またクラウドワークスやランサーズなどのクラウドソーシングサイトを利用すれば、安く同時翻訳してくれる翻訳者を見つけられるでしょう。

メルカリ、ヤフオク、ラクマ

メルカリヤフオクラクマ転売とは?
メルカリ/ヤフオク/ラクマ転売とは?

メルカリやヤフオク、ラクマなどの国内インターネットオークションサイトを利用して行う電脳せどりもあります。

インターネットオークションサイトには自分で商品を売る経験がなく、「これくらいで売れればいいや」というように値段をつける方が少なくありません。

たとえば2万円の価値を持つものが1万円で売られていたりします。

そこでその商品を1万円で購入して2万円で販売するのが、国内オークションサイトを利用した電脳せどりです。

メルカリ、ヤフオク、ラクマのメリット

メルカリ・ヤフオク・ラクマで電脳せどりを行うメリットはスマホ1台で簡単にできることです。

売れそうな商品のブランドやジャンルに目星をつけておけば、定期的にアプリをスマホでチェックして、すぐに仕入れができます。

隙間時間に気軽に取り組めるのは、副業として大きなメリットです。

メルカリ、ヤフオク、ラクマのデメリット

国内オークションサイトで利鞘を取ろうとすると出品に慣れていない出品者から購入することになります。

中古品の販売に慣れている方は、相場よりも安く出品することは稀だからです。

しかし慣れていない出品者から購入すると「商品の状態が記述よりも悪い」「梱包が雑」「商品発送が遅い」などのトラブルが発生することがあります。

 OEM・ODM販売

OEMとは簡単にいうと自分のオリジナル商品を販売することです。

副業として一般的なのは、既存の商品をパッケージの入れ替えなどを行って、自社商品とする「簡易OEM」です。

たとえば中国製のTシャツの布タグにロゴを入れて販売すれば、それだけでもOEMと呼ばれます。

OEMとODMは異なる概念ですが、副業として行う場合には、違いを意識する必要はありません。

OEM・ODM販売のメリット

OEM・ODM販売のメリットはオリジナルの商品を持てることです。

オリジナルの商品を持てるということは次の4つのメリットが期待できます。

  1. 独占して販売できる
  2. ブランド化できる
  3. リサーチをし続ける必要がない
  4. 仕入れが安くできる

オリジナル商品ということは他に販売者はおらず、同一商品内の価格競争が起きることはありません。

また商品のブランディングも可能です。

ブランディングに成功し売れる商品を作れれば、1つの商品だけでも大きな利益を得られる可能性があります。

さらに商品を大量に製造するなら、卸売価格で材料を仕入れ、利益率を大きくすることが可能です。

OEM・ODM販売のデメリット

OEM・ODM販売のデメリットを一言でいえば難しいことです。

初期費用がかかるのはもちろん、マーケティングやブランディングを自分で行う必要があります。

また販売する際のページを作成する必要もあります。

また様々な工程で時間がかかるでしょう。

そして労力と時間、コストをかけて商品が売れるようになってもデザインを盗まれてしまう可能性もあります。

そしてデザインが盗まれれば、法的処置を行うことになるかもしれません。

このようにOEM・ODM販売は非常に手間がかかります。

「今は副業でも将来的には独立も考えている」という熱量がなければ、成功は難しいです。

物販クラウドファンディング

クラウドファンディングは資金を調達したい人が出資を募り、そのリターンを提供することを指します。

クラウドファンディングを使って副業を行うのには、2つのパターンがあります。

投資としてクラウドファンディングを利用する

資金がある方はクラウドファンディングで出資する側になるのもよいでしょう。

クラウドファンディングで出資を行うのは、株式投資の配当に似ていますが、株式投資よりも高いリターンを得られることがあります。

特に不動産関連のクラウドファンディングのリターンは高いことが多いため、おすすめです。

プロジェクト発案者としてクラウドファンディングを利用する

自分自身がプロジェクト発案者になる方法もあります。

成田自身が得意なのはこの海外メーカーと独占契約を結んでプロジェクトを実行するクラウドファンディングです。

クラウドファンディングで出資を募ること自体に、1種のブランディング効果も期待できますよね。

物販クラウドファンディングといっても、ざっくり分けて2パターンあります。

  • 海外メーカーの総代理となってプロジェクトする
  • OEM・ODM製品を作ってプロジェクトする

(クラウドファンディングの種類について詳しくは【在宅で完結!クラウドファンディングとは?】にまとめてあります。)

たとえばOEM・ODM販売を考えており、良いアイデアがあるのに資金の問題で実行に移せないという場合にはクラウドファンディングを利用して、出資を募るとよいでしょう。

 

OMPではクラウドファンディングの起案サポートを手厚く行っています。

いかがでしたか?

クラウドファンディングは、いわゆる予約販売できる無在庫物販

目標資金が集まらなかったらリターンしない(製品化しない)設定にできるので、商品化したけど在庫が大量に残ってしまった、ということはありません。

OEMクラファンだと自前でプロモーション用の商品画像や動画を用意する必要があるので少々難易度が上がりますが、成田のおすすめしている海外メーカー総代理クラファンだと、プロモーション用の素材は既にメーカーが用意してくれるので皆さんが想像以上に難しいものではありません。

英語が出来ないから自分には無理じゃないか?と自ら敷居を高くしてしまう方もいますが、グーグル翻訳やDeepL翻訳を使えばビジネス英文メールを作ることはそう難しくありません。

メーカーとビデオ会議などが必要な際は、クラウドソーシングでZOOM会議に同席してくれる翻訳者外注さんにお願いすれば交渉も行えます。(ビデオ翻訳費用は1回当たり3,000円〜5,000円程で可能。)

実際に成田はそうして今までいくつもの海外メーカークラファンをしてきました。

まだまだ一般の方に「クラウドファンディングって知ってる?」と聞いても知らないと答える方がほとんど。

日本最大手のクラファンサイトMakuakeが2019年東証上場しましたが、まだまだクラファンビジネスをしている方は先駆者的であり、今後伸びていくと思っています。(成田自身もまだまだ現役でプロジェクト実施していきますよ〜!!)

必要なのは、日本市場で一緒に商品を広めよう、という熱意を伝えることです。

成田が提唱する海外メーカー総代理クラファンのノウハウを教えるオンラインマイクロ商社プロジェクト(通称OMP)も受講生が100人以上となりました。

OMPではグループチャットで、進歩状況や実行したノウハウを出し合っているので、電脳せどりで感じがちないわゆる”孤独感”を感じることはありません。

受講生の中には、「今まで垢バンリスクに怯えながら孤独にせどりをやってきたけど、疲れてしまった。」という方が少なくありません。

一人で黙々と作業するのが得意な方でも面白いもので、仲間たちと一緒に切磋琢磨できる環境にいると『負けていられない!』というライバル心を燃やして頑張る方が結構多くいらっしゃいます。

皆さんいい意味で刺激を受けていらっしゃいます。

仲間たちと進捗状況を報告しあいながら、またお互いのプロジェクトにいいね!しあいながら一緒に盛り上げていくOMPの絆に最初驚かれる方もいらっしゃいます。

成田光

仲間と一緒に頑張れる環境は貴重ですよね!僕たちと一緒にクラファンやりませんか?

 

簡単にできるからこそ、すぐに真似されて飽和してしまう電脳せどりをそろそろ卒業しませんか?

購入型クラファンに関する2週間完結の無料メール講座も実施しており、講座参加者限定で、すぐに使える6つの特典も無料プレゼントしています。

少しでもご興味のある方は、ぜひ物販クラウドファンディングビジネスにお役立てください。
物販クラウドファンディングブログ

新たな収益の柱としての購入型クラウドファンディングビジネスやOMP(オンラインビジネスコミュニティ)に興味があるので直接、成田にご相談したいという方は無料LINEチャット、もしくはメールやZOOMでの無料相談も承っております。
お気軽にご相談ください。

>クラウドファンディング無料相談実施中!

クラウドファンディング無料相談実施中!

クラウドファンディング・輸入総代理ビジネスにご興味ある方向けに無料相談を承っております。成田が直接ご対応させていただきます。

CTR IMG
LINE登録6大プレゼント中!