せどりの花形「予約転売」より「物販クラファン」をおすすめする5つの理由

成田光
成田式クラファンでは、予約転売のメリットそのままで、デメリットを排除しています。

 

予約転売は、まだ発売されていない新商品を消費者が予約し、発売前に売り切って、発売当日に発送する方法です。

 

発売前に注文を済ませているので、実質的な無在庫転売で在庫リスクがなく、発売前に売り抜けることができれば効率よく利益を得られます。

 

そのため、せどらー・転売ヤーが目指すひとつのゴールとして取り上げられる予約転売ですが、大きなリスクを伴います。そのため、転売初心者にはおすすめはできないうえに、デメリットが多い方法です。

 

成田式・在宅物販クラファンであれば、メーカーと独占契約して商品を直接仕入れ、クラウドファンディングを使うことで実質的な予約販売を行うことができます。

 

予約転売など物販経験者はもちろん、物販に興味あるけど「何から始めたら良いかわからない」という方は、ぜひ最後までご覧ください。

 

【この記事を読むことで得られるメリット】
・予約転売のメリットとデメリットがわかる
・予約転売と比較した場合の成田式・在宅物販クラファンの魅力がわかる

 

予約転売のメリット

予約転売のメリット

冒頭でお伝えしたように、予約転売は、新商品を発売前に売り切って爆発的に、実質無在庫で効率よく利益を得る方法です。

 

このため、予約転売は次のようなメリットがあります。

 

  • 実質無在庫なので、初期資金がほぼ不要
  • 在庫を抱えないので赤字のリスクが低い
  • キャッシュフローが良くなる
  • 在庫を保管するスペースが不要
  • 発売前なら定価やプレミア価格で売れる
  • 不良品の確率が低い

 

つまり、無在庫転売のメリットに加えて、新商品ならではのメリットも享受できるという、一見すると画期的な方法に見えます。しかし、引き換えに予約転売は大きなリスクもあり、失敗してしまう人も多いのです。

 

予約転売の5つのデメリット

予約転売のデメリット

では、予約転売のデメリットはどのようなものがあるでしょうか? 具体的に見ていきましょう。

 

ライバルが集中的に群がりやすい

予約転売のライバル

先に予約転売のメリットについてお話しましたが、みんな同じように考えています。

 

特に予約転売はプレミア価格になるような商品を販売することになりますが、当然そのような商品はライバルが集中的に群がります。

 

そのため、思った以上に利益が出なかったり、仕入れができなかったりすることがあります。

 

転売には様々なジャンルがありますが、基本的にライバルが群がりやすいものばかりのため、長期的な利益安定が難しいことを頭に入れておきましょう。

 

自己発送が必要で発売日が激務

予約転売の自己配送

Amazon販売をしている方のほぼ全員は、梱包~発送手続きまで代行できるFBAを利用しているはずです。

 

しかし、予約転売は、商品が予約された時点で仕入れ、発売日当日に発送するという特性から、FBAが利用できません。

 

つまり、購入された分、発売日に梱包~発送手続きまですべて済ませないといけません。そのため、商品の発売日は激務になります……(外注すれば別です)。

 

キャンセルによる赤字リスクがある

 

無在庫販売でもそうですが、消費者が購入をキャンセルした場合は、出品者も仕入れをキャンセルしないといけません。

 

キャンセルの確認が遅れた場合は、実物を仕入れしまうことになるので、赤字になる可能性が出てきます。

 

無在庫転売も予約転売も、赤字のリスクが「低い」というだけで、「まったくない」というわけではありません。

 

アカウント停止のリスクがある

予約転売のアカウント停止

予約転売は基本的に発売日に商品を発送しなければいけません。しかもAmazonであればFBAが使えずに自己配送です。

 

発売日までに商品が届かないことも考えられます。

 

そのため、配送が遅れてしまうリスクを伴いますが、当然消費者のクレームに繋がったり、低評価の元になったりします。

 

そのため、無在庫転売と同様、Amazonの場合はアカウント停止のリスクがかなり高くなります。

 

また、メルカリ、ラクマ、ヤフオクに関しては、無在庫転売や予約転売は明確に禁止しています。

 

予約転売に対するECサイトやフリマアプリの目は、基本的に厳しいと思ってください。

 

社会的信用が低い

予約転売の社会的信用

Amazonではアカウント停止のリスクが高く、メルカリ、ラクマ、ヤフオクでは禁止されているのが予約転売です。

 

それだけプラットフォームが厳しい規制を敷いているということは、予約転売を含む高額転売の世間のイメージがかなり悪いということです。

 

しかも予約転売の場合、オンライン上の仕入れが厳しければ、店舗仕入れも行いますが、転売目的の購入を断る店舗が増えています(特に大手は断っています)。

 

予約転売は、基本的に定価か、定価以上のプレミア価格で販売することになるため、消費者から「高い!」というクレームが珍しくありません。

 

また、希少性を理由に、本来の価格より高い価格で販売することに「後ろめたい」「家族に堂々と言えない」という人が多いのも事実です。

 

予約転売はプレミア商品を見つけるスキルが求められますし、アカウント停止のリスクに怯えながらコソコソとやることになります。

 

予約転売より成田式・在宅物販クラファンを勧める5つの理由

購入型クラウドファンディング

予約転売には、大きなデメリットがあることがおわかりいただけたかと思います。少なくとも家族に堂々と言うことができて、ビジネスとして長期的に続けられるとは言えない現状があります。

 

一方、成田式・在宅物販クラファンであれば、予約転売のメリットを享受しながら、次のようなメリットがあります。

 

予約転売成田式クラファン
新商品にライバルが群がる独占契約なのでライバルがいない
発売日に一斉に自己配送発送期間がコントロールできる
キャンセルで赤字リスクがある基本的にキャンセルができない
各プラットフォームの規制が厳しい(アカウント停止のリスク)予約販売が前提なので特に規制がない
社会的信用が低い社会的信用が高い(家族や友人に堂々と話せる)

 

次に詳しく解説します。

 

独占契約なのでライバルがいない

成田式クラファンでは、海外メーカーと交渉して独占契約を結んだ新商品を日本で販売します。

 

独占契約ですから、商品を扱えるのはあなただけです。

 

そのため、そもそも「ライバルが群がる」「価格競争に陥る」「仕入れができない」という概念がありません。

 

発送期間のコントロールができる

予約転売の場合は、発売日に一斉配送しなければいけませんが、クラウドファンディングはそもそも予約販売、無在庫が前提です。

 

予約転売のように発売日に縛られることなく、プロジェクト終了からリターンまでの期間をコントロールできます。

 

とは言っても、リターンが遅れてしまうと、次のプロジェクトで支援が集まりにくくなりますから、設定した期日は守らないといけません。

 

プロジェクト終了後のリターンの流れについては、以下の記事で詳しく紹介しています。

クラファンプロジェクト後のリターンを滞りなく行うための手順

基本的に支援者はキャンセルができない

予約転売では基本的にキャンセルが発生しますが、クラウドファンディングは、その特性上基本的にはキャンセルは起きません。

 

というのも、クラファンサイトは、原則として利用規約で支援者及び出品者都合のキャンセルができないようになっているためです。

 

成田式クラファンでは、MakuakeとGREEN FUNDINGをおすすめしていますが、両者とも明確にキャンセルできない旨を示しています。

 

【Makuakeの場合】

サポーターによる応援購入の完了後のキャンセル及びプロジェクト実行者によるプロジェクトの中止は、本利用規約の規定に従ってのみ行われるものとし、それぞれ、任意のキャンセル又は任意の中止はできないものとします。

(makuake利用規約第7条第3項)

 

【GREEN FUNDINGの場合】

起案者に対し支援金の支払いがなされた後、支援申込者は、支援金支払いのキャンセル、返金要求、その他支払いの撤回等の請求は一切行うことができません。

(GREEN FUNDINGガイドライン「支援金について」)

 

ただし、商品の発送が遅れるようなことがあった場合は、多少のキャンセルが発生します。止むを得ず発送遅延が発生した場合は、誠実に対応しましょう。

 

予約販売が前提なので特に規制がない

クラウドファンディングはそもそも支援金が集まって、プロジェクトが成立したらリターンを行うものです。

 

実質的な無在庫、予約販売ですが、Amazonの予約転売のようにアカウント停止のリスクに怯えたり、メルカリのように禁止されたりすることがありません。

 

そもそも概念が違うので当たり前なのですが、無在庫、予約販売を堂々と行えるのは大きな魅力ですね。

 

社会的信用が高い(家族や友人と堂々と話せる)

先に書いたように、Amazonなどで予約転売をすることは、どうしても「後ろめたい」「家族に話せない」という罪悪感が生まれます。

 

実際に理不尽な高額転売は問題になっていますからね。

 

しかし、成田式クラファンでお届けする商品は、独占契約によって仕入れた、あなただけ扱える新商品です。

 

誰でも扱えるものではなく、あなたが「日本でもこんな商品があったら良いな」と思ったものを、あなただけが扱うことができるのです。

 

そのため、社会的にも信用が高いビジネスです。

 

そもそも社会的に信用が低いビジネスは、規制が厳しくなって売りづらくなるものです。(アカウント停止のリスクなど)

 

成田式クラファンは、その点では将来の見通しも明るいものと断言できます。

 

【まとめ】成田式・在宅物販クラファン無料相談受付中

以上、予約転売のメリット・デメリットをお伝えしました。

 

また、予約転売に比べて成田式・在宅物販クラファンが、いかにメリットが大きいかがおわかりいただけたかと思います。

 

特に予約転売を経験したことがある方は、実感いただけたのではないでしょうか?

 

成田式・在宅クラファンに興味がある! と思った方もいるでしょう。

 

ご興味のある方へ無料相談は随時受け付けていますので、随時お問合せフォームより気軽にご連絡ください。

 

また、LINE登録で無料6大プレゼント中です。

 

こちらに登録することで、さらに成田式クラファンの理解が深まります。もう少し深く知りたいという方は、こちらもご覧くださいね。

 

【無料】6大特典プレゼント
【無料】6大特典プレゼント
成田光
ライン登録すると頻繁にLINEで連絡が来て鬱陶しくて躊躇してしまう、という声を聞きますが、成田の場合は、しつこく一方的にご連絡することは一切ありませんのでご安心くださいね。

 

>成田光の物販クラファン無料相談実施中!

成田光の物販クラファン無料相談実施中!

物販クラウドファンディング・輸入総代理ビジネスにご興味ある方向けに無料相談を承っております。成田が直接ご対応させていただきます。

CTR IMG
LINE登録6大プレゼント中!